プロフィール

安念 めぐみ


自己紹介:3歳よりピアノ、10歳よりエレクトーン、12歳よりフルートを始める。滋賀県立石山高校音楽科を経て、同志社女子大学音楽学科フルート演奏専攻卒業。

在学中より積極的に音楽活動を初め、室内楽の編曲や作曲に取り組む。クラシックを親しみやすいアレンジとトークでお届けするコンサートは新聞やTVに取り上げられた。

2004年に上京、ゴスペルピアノに出会い、ロサゼルス、翌々年オークランドで行われたMusic & Arts Love Fellowship Conferenceに日本人クワイヤのピアニストとして参加。都内複数クワイアのピアニストを務める。

 

フルートでは、リサイタルやチャペルコンサートを始め、ソロ、室内楽で活動、アーティストのサポートとしてCDレコーディングにも参加している。みなとみらい大ホールで行われた、日本赤十字財団主催「横浜チャリティーコンサート」オーディションに合格、ホテルオークラ京都ロビーコンサートレギュラー出演。

これまでに、フルートを松山克子、竹林秀憲、清水信貴、紫園香の各氏に師事。

NHK交響楽団菅原潤氏公開レッスン、ウィーン国立音楽大学教授H.G.シュマイザー氏 マスタークラス受講。

 

ピアノ講師歴15年、フルート講師歴10年。中学音楽科非常勤講師、コーチやコンクールの審査員等務める。日本フルート協会員

 

現在、演奏活動の傍ら、蒲田One Voiceクワイア専属ゴスペルピアニスト、学校法人矢島学園矢島幼稚園にてリトミック音楽指導、個人講師としてピアノ、フルートの後進の指導にあたっている。